【トリプルK】コーヒーカードzoom 講座 初級・中級・上級/インストラクター講座

【トリプルKのコーヒーカード占い初級・中級講座】

現在、コロナウイルス感染拡大考慮のため、

コーヒーカード講座(初級/中級)の教室での講座は行なっておりません。

zoomによる定期講座を開催しております。


10月3日(土)zoom初級講座 

10月10日(土)zoom中級講座

10月17日(土)zoom上級講座 

お申し込みはこちらから

※インストラクター講座も予定しております。


<内容>まったくの初心者の方から、ルノルマンカード占いを履修した方にも、基礎から応用までを学ぶコーヒーカードの1日講座です。トリプルKの先生方と、午前午後に渡ってじっくり1日かけて学びます。ワンオラクルからグランタブローまで、全部のカードを使ったスプレッドができるようになるトリプルKの集中レッスンです。

◆ルノルマンの源流、コーヒーカードとは

現在最も注目位を集めている占いといえば「ルノルマンカード」ですが、その源流となった「コーヒーカード」(19世紀にはコーヒーパックと呼ばれていました)は、32枚入りのデッキで、古くはトルコのコーヒー占いをカード化したものです。大英博物館には現存するものが収蔵されていますが、今回ご紹介するコーヒーカードは、当時のシンボルをもとに新たにデザインされ、2018年10月のトリプルKイベントでノベルティとして初お披露目されました。

◆コーヒーカード占いの特徴

コーヒーカードとルノルマンカードのシンボルは多くが共通していますが、いくつか異なるカードがあります。コーヒーカードの方が本能的なシンボルが多く、相談者の本音や欲望など、よりハッキリと暗示する傾向があるようです。すでにルノルマンカード占いをしている方、スピリチュアル系の占いを得意とする方にもおすすめです。

◆コーヒーカード占いの占い方

コーヒーカードのデッキは全部で32枚です。基本のワンオラクル(1枚引き)始め、

2枚以上のカードの組み合わせで読むツーカードやスリーカード、過去現在未来を占うクロス読み、総合的な関係性を読み解く全32枚を使ったグランタブローなどは、ルノルマンカード占いと同様です。

F C M

占い雑貨とオリジナルカードイベント 「フォーチュンカード・マーケット」 を主催するFCM合同会社です。 即売会イベントほか、定期的な占い講座や、カード類の制作・販売を行なっております。

0コメント

  • 1000 / 1000